加工レス

高温鋳造のため困難といわれた『アルミダイカスト』での加工レスを実現し、
みなさまに高い評価を頂いております。

『加工レス』って言葉、聞いた事ありますか

この言葉は1985年に当社がアルミダイカスト部品の機械加工品のコストダウン用
アピールの言葉として使い始めました。
今では業界ではよく聞く言葉になっておりますが、未だに量産品で安定して製品化しているの
は当社がトップと自負しております。

溶解温度 700°で鋳造するアルミダイカストにおいて、金型製作における熱変異ノウハウや
金型メンテ・ノウハウ及び鋳造ノウハウ等、必要とされる技術は多々あります。
個々の技術を総合的にまとめあげ、量産技術に生かしていくには長年の技術蓄積と
常に難しい製品(形状.肉厚.公差)にチャレンジしていく、前向きの姿勢を持ち続ける事が
重要と考えております。


加工レスのメリットとは

1.カッター逃げが不要            設計自由度の拡大
                          部品のコンパクト設計に寄与

2.複雑形状(機械加工出来ない形状)部の高精度化の実現

3.チル層(表面硬化層)が残せる為、強度増に貢献

4.機械加工設備のミニマム化       イニシャルコストの低減

5.機械加工箇所のミニマム化       ランニングコストの低減

6.製造手番の短縮


公差関係

公差としましては形状・大きさ・ゲート位置・その他打ち合わせによりますが、
おおむね下記の数値を参考にして下さい
加工レス対応可能・鋳造マシン(125トンクラスまで)

面においては平面度0.02   直角度0.02

ボス径においては±0.01

内径においては±0.02

ピッチにおいては±0.03



加工レス参考公差
加工レス参考公差
加工レス量産実績 (1)
加工レス量産実績 (1)
加工レス量産実績 (2)
加工レス量産実績 (2)



戻る
戻る